代表挨拶

施設長ってこんなひと。

今奈良 孝は昭和49年9月1日に指宿市に今奈良家の長男として誕生しました。両親は魚屋を営んでおり、学校から帰るとよく店の手伝いなどもしてました。学校を卒業した後は、大阪へ就職するが1年程で帰鹿。両親の有り難みが身に染みて分かりました。その後、家業を継ぐ為に手伝いをする事になるが、なんか「このままでいいのかな?」と思う自分がいました。

そんな時、母が全盲の祖母を介護しながら店の仕事をしていたのを見て、介護の仕事に興味を持つようになります。「介護の仕事に携わってみたい。」そこから、今奈良 孝の介護人生がスタートします。
その頃はヘルパーの3級があり、とりあえず店を手伝いながら講習を受けに行きました。凄くこの道に興味深くなり、続けて2級も受けました。そうしているうちに、この仕事に就きたい!と思うようになります。
2級終了後、3年後に介護福祉士を取得したい熱い想いで介護老人福祉施設に働き始めました。そして、見事介護福祉士を取得!それから大きな夢を抱くようになります。

「家庭的な環境でゆとりのある、あたたかい介護施設を作りたい」
入職して8年後、独立を想い退職しました!

そしてデイサービスを設立の為に物件を探していると、母から祖父の生家が残されている事を聞ました。見に行くともの凄く荒れ果てた状態だったが、祖父の生家を蘇らせよう!とここでの設立を強く決断。半年かけて荒れ果てた祖父の生家を「デイサービス古民家ゆとり」として平成20年3月に開設する事が出来ました。

しかし順風満帆ではなく挫折も繰り返し、地域に知ってもらう為に各地区の公民館で説明会もさせて頂いきました。

平成22年10月に「有料老人ホームゆとり」を設立し、平成25年4月には「有料老人ホームゆとりの里」を開設しました。また、介護事業開設当初より、高齢者とこども達、そして職員世代の3世代がかかわれる環境作りを考えており、平成29年10月「ひまわりこども園」を併設し開園しました。平成30年5月には「小規模多機能型居宅介護施設ケアホームゆとり」を開設し、また令和元年秋「おひさまこども園」を開園。地域交流の拠点として、地域の皆様方の拠り所として活用し、地域の皆様と共に支え合える施設作りを目指しています。

現在は施設長として施設管理・施設内研修などを取り入れながら。職員の人材育成に努めています。また、こども園では、幼児体育指導者として、こども達とふれあい、体育を通じてこどもたちの就学前の体つくりに汗を流しています。また、食育指導士として園での食育の取り組みや、食育の大切さを伝える取り組みも行っています。
また、地域のボランティア活動では、商工会議所青年部活動、消防団、PTA、防犯組合、法人会青年部活動、認知症サポーター養成講座講師などに汗を流しています。

私が小さい頃、両親は魚屋を営んでおり、とても忙しく祖父母に育てられました。私が中学生の頃、祖母は糖尿病の為全盲となり、母が魚屋の仕事の傍ら祖母の介護をしていました。そんな母と祖母の10年間の介護を見て私は介護の道を選びました。祖母がつないでくれた手の温もりは今でも忘れません。この仕事は私の天職です。常に一瞬の関わりに全力を傾け、ここに来て良かった、あなたに会えて良かった。と思って頂ける施設を目指します。

代表取締役
今奈良 孝

O型、乙女座、寅年

プロフィール

趣味 スポーツ全般
(小学校~ずっと野球人。肩を壊すまでは野球バカと言うくらい野球好きでしたが、今は健康作りでランニングに目覚め、ハーフマラソンに参加しています。)
特技 三味線(特技と言うか?ギターも弾きます。特技と言うか?人を喜ばせる事が好き)
資格 介護福祉士、子育て支援員、幼児体育指導者、食育指導士
経歴
  • 平成26年度指宿商工会議所青年部会長
  • 平成27,28年度指宿青年振興連絡協議会会長
  • 指宿市消防団員23年(柳田分団現部長)
  • 平成30、31年度北指宿中学校PTA会長
  • 婚活事業「イブキッス」第2、第3、第5回実行委員長
  • 認知症サポーター養成講座キャラバンメイト講師
  • 認知症啓発活動「いぶすきRUN伴」実行委員長
  • 北指宿中学校第43期卒業生同窓会実行委員長
  • いぶすきオレンジロード大作戦実行委員長
  • 法人会青年部会員
  • 指宿陸上競技会役員
好きな言葉 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
「信は力なり」
「人に優しく、自分に厳しく」